不動産一括査定サイトのデメリット

不動産一括査定サイトのデメリット

不動産一括査定サイトのデメリット

メリットがあるということは、大体の場合はデメリットもつきものです。では、どのようなデメリットがあるのでしょうか。大きく下記2つに集約されます。
・申込と同時に一斉に営業電話がかかってくる
・不動産一括査定に参加していない会社には申し込めない
これは不動産一括査定に限らず、「車一括査定サービス」や「引っ越し一括見積」など、一括サービスを行っているものは全て同じ傾向です。では、なぜ一斉に営業電話がかかってくるのでしょうか?また回避方法はないのでしょうか?それらを詳しく解説します。

 

デメリット@:申込と同時に一斉に営業電話がかかってくる
これは一括査定サービスでは仕方ないデメリットと筆者は考えています。というのも、不動産一括査定を利用するということは、あなたの情報を受け取る不動産会社は、複数存在することになります。

 

不動産会社は、あなたの不動産を扱えて始めて売上が立つビジネスモデルです。不動産一括査定から申し込んだあなたの情報を何とか商売にしなければならないと考える「複数の不動産会社」は、何としてでもあなたに一番最初にアプローチがしたいのです。

 

一番最初にアプローチをした方が、あなたと専任契約(他社の不動産会社は正式依頼はNGとする契約)できる確率が上がるためです。

 

では、デメリットを回避する(つまり一斉に営業電話がかかってこないようにする)方法はあるのでしょうか?結論を言うと回避する方法はありません。

 

なので、不動産一括査定は「ちょっと概算の査定額が知りたいだけだから〜」などの売却の意志が低いのであれば、利用は避けるべきです。逆に言うと、売る意志がある人にとっては、筆者としても自信をもって不動産一括査定を利用すべきと言えます。

 

デメリットA:不動産一括査定に参加していない会社は申し込めない
不動産一括査定サイトは、基本的にそこの運営者が不動産会社に対して営業をかけて、うちのサイトに入ってくれませんか?という営業をしています。「1.不動産一括査定サイトについて」でも紹介したとおり、一括査定の運営者は不動産会社が増えれば増えるほど、売り上げを上げやすくなります。

 

ただし、そのような人海戦術で営業をかけているため、地域に密着した不動産会社などは、不動産一括査定サイトには加入していない可能性があります。もし、あなたがここの不動産会社がいいと決め打ちしているのであれば、最初からそこの不動産会社に申し込んだほうがいいと思います。

 

では、実際に不動産一括査定を利用した人の口コミはどうなんでしょうか?具体的な口コミと傾向をまとめました。


不動産一括査定サイトのデメリット
不動産一括査定サイトのデメリット
不動産一括査定サイトのデメリット
不動産一括査定サイトのデメリット
不動産一括査定サイトのデメリット

ホーム RSS購読 サイトマップ