任意売却は、専門の相談機関へ

任意売却は、専門の相談機関へ

任意売却は、専門の相談機関へ

住宅ローンを支払えず、やむを得ず自宅の売却をお考えの場合、一般の不動産会社でなく、専門機関に相談することをおすすめします。マンションなどの投資物件のローンが支払えなくなって売却したいという場合も同じです。

 

理由は、大きく3つあります。

 

任意売却の知識や経験がない
こういったケースの場合、通常の不動産売却でなく「任意売却」となります。一般の不動産業者では、任意売却の知識や経験がなく、適切な対応ができません。

 

売却後に残る債務をどう支払うかの問題がある
ほとんどの場合、オーバーローンになっているため、売却益で全額返済することができず、売却後に残った債務をどうやって支払うかの問題があります。支払いが困難な場合は、債務整理を弁護士に相談することになります。

 

売却しなくても解決可能な場合がある
売却するしかないと思っていても、専門家に相談すれば、自宅を手放すことなく解決できる場合があります。「個人再生」という手続きで、これは弁護士でなければできません。
任意売却は、専門の相談機関へ
任意売却は、専門の相談機関へ
任意売却は、専門の相談機関へ
任意売却は、専門の相談機関へ
任意売却は、専門の相談機関へ


ホーム RSS購読 サイトマップ