任意売却は、競売を回避する手段

任意売却は、競売を回避する手段

任意売却は、競売を回避する手段

滞納したまま放置していると、最後に待ち受けているのは「競売」です。一般的に、滞納から6〜8ヵ月で競売が決定してしまいます。

 

競売にかけられると、二束三文で買い叩かれ、かなりの額の債務が残ります。自宅を失ったうえに、残った多額の債務を返済しなければいけません。

 

それを避ける方法が任意売却です。任意売却なら、ほぼ実勢価格で売却することができるので、残債務を減らすことができます。

 

しかも、売却後に残った債務は、交渉によってカットでき、支払い可能な額にすることもできます。

 

競売開始決定通知が届いてからでも、自宅を失わない方法がある

 

保証会社が代位弁済した後や、競売開始決定通知が届いてからでは、選択肢は限られてしまいますが、それでも、自宅を失わずに済む方法もあります。

 

こういった手続きは、不動産会社ではできません。だからこそ、自宅を失いたくない場合は、専門機関に相談する必要があるのです。

 

ローンの返済ができなくなって不動産の売却をお考えなら、できるだけ早い段階で専門機関に相談することが重要です。早ければ早いほど、選択肢があります。売却しかないと思っていても、自宅を手放さなくてもすむ方法も検討できるのです。


任意売却は、競売を回避する手段
任意売却は、競売を回避する手段
任意売却は、競売を回避する手段
任意売却は、競売を回避する手段
任意売却は、競売を回避する手段

ホーム RSS購読 サイトマップ