「ここに住みたい」と思える家であることが大切

「ここに住みたい」と思える家であることが大切

「ここに住みたい」と思える家であることが大切

自分自身が住んでいて気持ちの良い家は、他の人にとっても住みたい家である可能性が大です。中古住宅の売却の場合は、居住中に売却が決まるケースが多いので、日頃からインテリアなどを工夫し、買主に「ここに住みたい」と思わせるイメージ作りを心がけましょう。 また、売却後の新居では使わない家具を買主が気に入った場合に、「よかったら置いて行きますよ」と言ってプレゼントするケースも少なくありません。家具付きモデルルームの中古版のような感じでしょうか? 物件見学の際に少しでも好印象を与え、購入を検討する人にとって“あこがれの家”として映る我が家になるよう、日頃から注意深く家の中や外観をメンテナンスすることが大切です。

 

もし最終的に売却をしなかったとしても、家族全員がより快適に暮らせる自宅に変身したり、いずれ子どもに譲るときにも喜ばれるなど、メリットはたくさんあるでしょう。手塩にかけて育てた子どもが素晴らしい大人になるように、愛情をかけて育てた住まいこそが、資産価値の高い住まいとなるのです。
「ここに住みたい」と思える家であることが大切
「ここに住みたい」と思える家であることが大切
「ここに住みたい」と思える家であることが大切
「ここに住みたい」と思える家であることが大切
「ここに住みたい」と思える家であることが大切


ホーム RSS購読 サイトマップ